Soulmate

愛犬と共に楽しみなから過ごす日々の暮らし

橋を渡りたい

我が家の北側に川があり、そこに橋がかかっています。

レオやマックスの散歩コースです。
老犬になって足が悪くなったレオは、その橋を渡りたくても渡れませんでした。いつも橋の入り口に片足を入れるだけで進む事が怖かったみたいです。
ただふせて橋の向こうを見ていました。

平衡失調になった私も橋の上でふらつきそうで怖くて渡れません。何度か行ってみようと試みましたが、橋の手前でUターンしてしまいます。

橋を渡ると右に左に前にと散歩コースがあります。
朝の散歩は主人が左に行って来れます。マックスは右に行く道をお昼の散歩で行きたいのです。
橋の方に歩くと行けると思って大喜びですが、手前でUターンでガッカリみたいです。それでもワガママ言わずに戻ってくれてありがたいです。
私はレオと同じであの橋を渡りたいと思うだけです。

家の中ではしっかり歩けるようになってきました。マックスとの散歩も少しずつ距離を延ばしています。
今のところ1日目標1500歩です。

あの橋を寒くなるまでには渡りたいと願っています。

f:id:LabradorReo:20211108170334j:plain

f:id:LabradorReo:20211108170354j:plain
橋を渡ってこの道を散歩したいな

親のひいき目

f:id:LabradorReo:20211102054736j:plain
この子はマックスの2歳下の妹で、工務店さんの方に貰われたゴールデンレトリバーちゃんです。
やっぱり仔犬は可愛いですね。

f:id:LabradorReo:20211102104351j:plain
そしてこれが我が家に来たばかりのマックスです。

親のひいき目で見るとマックスはハンサムボーイです。
兄妹の中でもいちばん良い顔をしていました。

妹ちゃんはワクチン接種が終わったら保育園に通うそうです。
社会性が身についてきっとお利口さんになるのでしょう。

マックスは私達が甘やかしてしまったので、相変わらずのやりたい放題が止まりません。
それでも我が子はすご〜く可愛い💕です。

10年で変わったこと・変わらなかったこと

10年ひと昔と言いますが、私はこの10年間でたくさん変わりました。

10年前はバリバリ仕事をしていました。レオも6歳で元気はつらつでした。毎日時間に追われて、将来の心配もレオの寿命の事もまだ考えていなかった気がします。

10年間で私もレオも老いて、体力の衰えを実感していきました。
そんな中でレオを亡くして、立ち直れないほどの悲しみを知りました。

体調も崩して仕事も辞めてしまい、今は平衡失調でうまく歩けなくなってしまって、こんなはずじゃなかったのにと思っています。

それでもマックスと出会い、大型犬が大好きなのは10年経っても変わらないと思います。

f:id:LabradorReo:20211101125753j:plain

副反応は辛かった

家族の中では一番最後にワクチン接種2回目を終えた私です。
副反応は37.6分の熱が出たのと、体の怠さ、腰痛、腕の痛みでした。

私は家族の中では一番軽かったと思います。
12歳の孫が若いから39.0分と高熱が出ました。悪寒もひどくて回復まで2日間かかりました。
長女も1回目から発熱し、頭痛と目眩が2週間も続き大変でした。
2回目も孫同様、高熱で辛かったみたいです。
次女や主人や娘婿達もそれぞれ発熱と怠さがありました。

軽かったといっても、4年ぶり位の発熱はキツかったし体の怠さは病気ではないので薬も無くて耐えるしかありませんでした。
個人差はありますが、誰もが同じ思いをして頑張ったのでしょう。

2年前に中国で発病した新型コロナウイルス🦠全世界でこの病気と戦ってきました。
そろそろ撤退してほしいと願うばかりです。

f:id:LabradorReo:20211029143436j:plain
すごい格好で熟睡しています。

困ったマックス

ふらつきながらも毎日マックスと散歩に行けています。

そんなある日、マックスと散歩をしていたら一台の車が横を通って行った。と思ったら前方で止まった。
そして1人の女性が降りて来た。

「マックス君でしょう?」
と話しかけられて「ハイ」と答えた。
「いつも散歩に行くと元気よく吠えてくれるから一回触ってみたかったんです。」

え〜❗️❗️
しつけが出来てないマックスは、話しかけられると興奮して飛びかかってしまいます。
「飛びかかるので危ないですよ」と言っても近づいて来る。
案の定マックスは大興奮になり、女性の胸目掛けて前足を上げる。

大型犬で40キロのマックスを、女性は支えるので必死です。
リードを引いても力が強くて、私も引きずられてしまいます。

「早く車に戻って下さい」とお願いしたが、なかなかマックスに絡まれ離れられない
大声で叱っても興奮はおさまらない
やっとの思いで車に戻られた。

たまたまこの日は気圧が悪くて、お昼に抗目眩薬を飲んでいたのでマックスに振り回されてもどうにか耐えれた。
普段はお利口に散歩に行ってくれますが、風の強い日は舞う落ち葉を追いかけたり、鷺みたいな鳥に向かって行くときは力が強くて困ります。

まだ2歳で好奇心が旺盛で仕方がないのかな、知らない顔してすれ違う人や犬には興味はなくおとなしくしているのですが、話かけられたらスイッチがオンになるのか嬉しさを体いっぱいで表してしまいます。

5歳くらいになったら落ち着いてくれるかな

f:id:LabradorReo:20211014173049j:plain

ワクチン接種一回目をしました。

体調を崩していたり、検査入院などで延び延びになっていたワクチン接種一回目が終わりました。

今頃なら体調もかなり回復しているかと思って予約をしていたのですが、思ってたほど回復していなかった。

だからワクチン接種は、不安いっぱいでした。
大丈夫かなとドキドキで、おまけに気圧も下がる悪い時間帯でしたから、平衡失調も出てうまく歩けませんでした。

予約をした内科は、これまで1年に一度くらい体調を崩していた私が、10何年とかかっている病院です。
院長先生の真面目さに感心する病院です。

実は院長先生とはレオが居た頃、散歩で良くお会いしていました。
ゴールデンレトリバーの武蔵君を連れて散歩をされていて、その武蔵君が臆病でレオを見るなり方向転換していたのを覚えています。
その時はその飼い主さんが、院長先生だとは知りませんでした。
何度か病院に行って気づきました。

ワクチン接種の問診も丁寧にされ、お薬手帳を見て私が目眩があると分かり、接種後は目眩が出るといけないからと寝台に寝て30分待たせてくださいました。
30分の間に2回様子を見に来たりして、本当に患者さん思いの先生です。

接種箇所の腫れもなく、熱や怠さも出なくて腕の痛みだけで済んで良かったです。

f:id:LabradorReo:20211007105330j:plain
お母さん大丈夫と言ってるみたいです。

今の気分は・・・

もしもヨチヨチと歩き出した赤ちゃんの気持ちが分かるなら、今の私の状態なのかもしれません。

つかまる物がなくて不安定な身体、歩く道がとても長く感じてしまう。
でも転ばないようにバランスをとって一生懸命歩きます。
風景がとても大きく見えて、空ははるかに高いので目移りしてキョロキョロしてしまいます。

赤ちゃんは初めて履いた靴が気持ち悪くて裸足になりたい気分なんだろうなー
足の裏の感覚がハッキリしてきて、一日一日歩くのが上達していく、平衡感覚はこうやって赤ちゃんの時に鍛えていったのでしょうね。

それを忘れてしまった私がまたやり直しをしています。
先は見えないけど、何故か期待感があって少しワクワクしています。

前回はメニエールだと思っていて、抗めまい薬を毎日飲んでいました。
大学病院の先生から飲む必要は無いと言われてやめたんです。
だからでしょうか、自分の力で治してるんだと思えてきます。

だけど上手に歩けなくても良いとも思っています。
ゆらゆらでもとにかく歩けて生きているのだから、それでヨシ❗️なんです。

f:id:LabradorReo:20210929130802j:plain
マックスはカメラを向けると恥ずかしいのか嬉しいのかすぐ動くのでピント外れになります。