Soulmate

愛犬と共に楽しみなから過ごす日々の暮らし

マックスに奇跡はおきなかった

29日のこの写真を撮った3時間後にマックスはこの世を去りました

3歳2ヶ月の短い犬生でした

この日の15時から短い間隔で突然けいれんが起き始めました。
病院に着いた16時から30分以上のけいれんが続きました
お薬を飲ませてもらい一旦落ち着いたように見えましたが、帰りの車の中でチアノーゼがでて呼吸も遅くなりました。
慌てて病院に戻りましたが、到着した17時半頃に息を引き取りました
獣医さんにけいれんが長くて心臓に負担をかけてしまったと言われました
助けてあげられないくて残念だと

悪い夢を見ているようで、信じられません
何が悪かったのでしょうか
梅雨入り前に散歩に不安があると言ったから、バチが当たったのでしょうか
考えても考えても分かりません
マックスもまさか死ぬとは思ってなかったでしょう

元気だったの何故と思ってしまいます
気づいてあげられなくてごめんなさい
助けてあげられなくてごめんなさい
ただそれだけです。

まだまだ長い犬生を過ごせるはずだったのに、もっと幸せにしてあげたかったのに悔やんでも悔やみきれません

梅雨用に新しいカッパも、シャンプーも買ったばかり使わないまま旅立だってしまいました。
すごく悲しくて寂しくて悔しいです


臆病だったマックス
お空ではきっとレオが守ってくれますよ。
だから安心してね