Soulmate

愛犬と共に楽しみなから過ごす日々の暮らし

あきらめきれない思い

マックスの命を突然奪ったのは、てんかんと言う脳の病気です。

人間の病気と思っていましたが、実は犬のほうが発症率は多いのです。

そしてゴールデンレトリバーは多い犬種なのだそうです。

それでもてんかん発作で命を落とす事はあまり無く、一回の発作で終わるようです。

でもマックスは何故か一回目の発作が覚めてしまう前に二回目、三回目と立て続けに発作を繰り返しました
重積発作というそうです。

重積発作が20分以上続くと、脳が腫れて酸欠になり突然死に至るそうです。

一回目の発作の対処のやり方が悪かったのかと考えます。
今更ですが、てんかんゴールデンレトリバーの飼い主さん達のブログとかを拝読すると飼い主が愛犬を抱いてさすりながら優しく名前を呼んで落ち着かせると書いてありました。
思い出してみたら私達夫婦はパニックになってしまい、一度発作から覚めたマックスを落ち着かせる事が出来ませんでした。

元々ビビりなマックスはとても怖かったのでしょう
私達に交互に飛びかかってきて、また脳を興奮させてしまい二回目の発作がおこりました。

それが1時間半ずっと繰り返し起こりました。
病院に着いた時には意識はもうろうとしていて、落ち着いたよう見えたのは脳が腫れて昏睡状態になっていたのだと思います。
車に乗せて帰らずに病院にまだ残っていたら助かったのかなとも思います。

ゴールデンレトリバーに多い病気かもしれませんが、どうしてそれがマックスだったのでしょうか
そして一回の発作でおさまらなかたのでしょうか
本当に本当に悔しいです。


誕生日を3回しか迎えられなかった