Soulmate

愛犬と共に楽しみなから過ごす日々の暮らし

マックスが居ない現実

愛犬が亡くなる時は、何を選択しても後悔しかないのだとわかっているのですが、マックスが旅立っていろんな事を考えます。

レオの時もそうでしたが、時間を巻き戻してやり直せたらと願ってしまいます。

朝起きるといつも横に寝ていたマックスの姿がありません
やはり居なくなってしまったんだと現実を受け入れるしかないのです。

マックスが旅立ったあの日から、散歩は毎日続けています。
マックスがせっかく治しくれた平衡失調だから、また悪くならないようにマックスと歩いた散歩道をひとりで歩いています。
一緒に歩けたらどんなに嬉しいだろうと思いながら

3年しか生きることが出来ませんでしたが、3年でもマックスが生きていた事実を私がしっかり覚えておかなくてはと思っています。

あたたかいコメントを頂きありがとうございます。
ブログの中でお知り合いになれて、私の気持ちを受け止めて頂き救われました。


まさかこんなに早く遺骨が2つ並ぶとは思ってもいませんでした。