Soulmate

愛犬と共に楽しみなから過ごす日々の暮らし

大型犬用自動巻きリード

マックスの散歩用に8メートルの自動巻リードを買ってみました。
体重が40キロくらいまで大丈夫と書いてありました。
大型犬のは無いのだろうと思っていましたから、大丈夫なのかなと半信半疑です。

早速、散歩に行ったみた。
いつも短いリードで制限されて、引かないと叱られながら行く散歩道を、なんか自由に走れたから最初は"アレ"と後ろを振り返えりました。

私がついてきていないのではと思い確認したのです。
はるか後ろにいる私を目掛けて戻って来ます。

今度は私を通り越して後ろ側に走ります。
あちらこちらに自由に走れるから"楽しい❗️"と言ってるようにハイテーションです。

遠くまで見通せる田舎道だから出来ることです。
用心しないといけないのは、鳥を見つけたらそれに向かって田んぼの中まで入って行く事です。
いつもの散歩ですが、運動量は倍くらいあると思います。

小春日和の日差しを浴びて、息を切らして動きまわります。
このリードにして、良かったねマックス❣️


犬との暮らしランキング

初めての確定申告

確定申告の時期になりました。

主人は会社員だから、確定申告は基本的にしません。
だけど去年の我が家を漢字一文字で表したら病だったように、医療費が10万円を超えてしまっていました。

毎年1年間の病院の領収書を保管していましたが、10万円超える事は無く、医療費控除の確定申告をした事はありませんでした。

改めて良く病院にかかったなと感心してしまいます。
10万円を超えた分が返ってくるのかと思っていたら、インターネットの計算表に当てはめていったら、還付される金額は2千円足らずでした。

これくらいなのとちょっとガッカリしています。




つぶやきランキング

医者の言う事は聞いた方が良い

ずいぶん前ですが、主人が目の手術で入院してた時に同室の老人が言ってました。
「医者の言う事は聞いた方が良い」と
その方は酸素ボンベを手放せない程、肺を悪くしてありました。

若い頃、お医者さんにタバコを止めるように何度も言われけど、全然聞かなかったからこのありさま、今になって後悔してると嘆いてありました。

そんな話を思い出したのには、私もめまいで耳鼻科に診察してもらった時、「耳が悪いのではないです。首や肩がこわっているのです。マッサージとかに行ってみて」と言われ、絶対に違うと思ったからです。

そして勝手な思いから、どんどん違う方向に進んでしまい悪化させていきました。

先日、知人に自律神経は背中にあり、背中が硬くなって自律神経を圧迫しているから、体調が悪くなったと教えられました。

現にもみほぐしただけで、今まで持っていた不安がスーと消えていきました。
耳鼻科の先生の言葉を信じて、マッサージに早く行っていたらこれほど長引かせなくて良かったのかもと思います。

医者の言う事は聞いた方が良いと、実感しました。
でも耳鼻科の先生も、もう少し詳しく説明してくれたら、素直に聞いていたのにと思っています。

シンビジュームの花芽

私の妹から5年前くらいに、株分けしてもらったシンビジュームに初めて花芽がつきました。

妹は1度も花芽がついた事はありません。
私も難しいかもと思いながら世話をしていました。

去年は体調が悪く、なかなか植物の世話まで手がまわらなくて、ほったらかしにしていました。

だんだん葉が枯れて少なくなってしまいましたが、一輪の花芽がついてくれて感激です。

白い花が咲くそうです。
今まで世話をしなかったのに、早く大きくなれと毎日眺めています。

パワー全開!

マックスは現在10カ月です。
多分、今がパワー全開の時期なのでしょう。

今朝の散歩で自分の行きたい方向へ引っ張りまわし、主人にこっぴどく叱られていました。

本気で叱られてると分かり、その後は主人の顔色を伺っていて近づいてもいきません。

一応反省はしているようですが、ずっと覚えているかはわかりません。
主人がマックスと声をかけたら、いつもの調子に戻るのでしょうか?

大型犬だから引っ張られると大変です。
1歳半で成犬になると言われいて、その頃には少し落ち着いてくるらしいのですが、まだまだ先は長いです。

ずっとしつけてきたつもりですが、好奇心旺盛なのと、体も大きくなり力が強く少々お手上げ状態です。

でもマックスと私達の信頼関係を築いていくのに、今がいちばんの踏ん張りどころなのかなと感じています。

終活の生前整理

ずっと気になっていた事があります。
それは天袋にしまったままの娘達のお雛様です。

娘達の時代は、まだコンパクトなお雛様より七段飾りのお雛様が主流でした。
私の父は、嫁いだ娘に肩身の狭い思いをさせないようにと、それは立派なお雛様を贈ってくれました。

娘達が小さい頃は、毎年のように飾りましたが、一部屋を占領してしまう事や、出し入れに手間がかかる事でだんだん出さなくなりました。

そうしている内に、七段のスチール台が壊れてしまい処分しました。
それから、お雛様は天袋に眠ったままになりました。

ネットで人形供養を検索すると、していただける所が見つかりました。
人形だけを段ボール箱に詰めて、後の小物はゴミの日に出すことにしました。
綺麗に保存していたので、勿体ない気はします。
でもこの先飾る機会も無いから、思い切って処分します。

実家にはまだ私のお雛様が眠っています。
両親は健在ですので、私は遺品整理をした事はありません。
でも戦後の大変な時代を生きてきた両親ですから、なかなか物を捨てられずに沢山の品物があります。

「少しは片付けておいてね」とお願いしても、80歳を過ぎてしまった両親には体力が無く、生前整理は難しいみたいです。

還暦を迎え、娘達に迷惑がかからないようにと、私は体力のある内に少しずつでも、生前整理をしていきたいと思っています。