Soulmate

愛犬と過ごす日々の暮らし

レオの命日 5回目


9月17日はレオの5回目の命日です。
この日は必ずと言っていいくらい台風が九州にやって来ます。

私にとってレオの死は立ち直れな程、とても大きな事でした。
食事を摂る事も眠る事もなかなか出来ない状態でした。

高齢になり、心臓も悪くなったからそんなに長くはないかもしれないと覚悟はしていました。
だから絶対に看取ると決めていたのです。

しかし私は台風接近で初めて具合が悪くなり、病院で行ってる間に亡くなってしまいました。
ひとりぼっちで逝かせてしまった事が、私の後悔になってしまいました。

哀しみは1年間は癒えませんでした。
こんなに辛いなら犬はもう飼わないと決めていたのです。

主人は早くから犬を飼いたがっていたのでしょうけど、私に気を遣い言い出せずにいました。

レオの一周忌の後、主人から犬を飼う相談がありました。
だけどペットショップやブリーダーさんから買う気になれなくて、自然に待ちたい思いでした。
レオも犬を飼う気のなかった我が家に偶然が重なってやって来ましたから

偶然ではないけど、盲導犬になれなかったラブラドールの里親ボランティアに応募しようと考えました。
応募者が多いので、3年くらい待ってもらわないといけないと言われましたが、そのくらいあれば心の整理もついて大丈夫だろうと思っていました。

そう決めた半年後にマックスを貰らわないかと話があったのです。
前にもブログに書きましたが、ラブラドールではなくゴールデンだったから自分の中ではナイナイと思っていました。

でも気になってしまったのです。
偶然ってこんな事じゃないのかなって
レオが盲導犬じゃないよ、こっちだよと言ってるみたいでした。

5回目の命日、レオがまた偶然をおこしてくれないかな

2歳の孫とレオです。

今朝の散歩で


今朝の散歩で不思議な空を見ました。
まるで青空の橋みたいです。

あれからイノシシは見かけなくなりました。
人間が騒ぎすぎたから、山に戻って行ったら良いのですが

途中で彼岸花が咲いていたので、摘んで飾りました。
後ろのボールはマックスのお気に入りです。
散歩コースに高校から飛んできたテニスボールを、マックスが拾って持って帰ってきました。

くわえすぎて穴があいていますが、やはり捨てられてないおもちゃの一つです。

イノシシ捕獲が始まりました

先日の夜、猫のさくら🐈‍⬛が我が家の車庫でよそから来た猫🐈と喧嘩を始めました。

17歳のおばあちゃんなのですが、縄張りに入ってくる猫は許せなくて、未だに喧嘩をしてしまいます。

ご近所迷惑になるから、注意しに車庫に行ってみるとその喧嘩の声に反応したのか、朝見かけていたイノシシがやって来ていました。

もう遠くに移動したのかと思っていたのですが、まだ居たのです。
猫達はいきなり現れたイノシシに🐗
ビックリして喧嘩を忘れて2匹でイノシシにむかっていました。

私の気配でイノシシは退散しましたが、翌日のお昼に気になったのか、また我が家に現れてウロウロしていました。

さすがに誰かにに見られてしまい、警察と市役所に電話をされてイノシシ捕獲が始まりました。

散歩でいつも見かけていた竹林に、捕獲用の柵が仕掛けあります。
まだ子供のイノシシで悪気もなく好奇心でうろついているだけなので、人間を怖いと思って自力で山に帰るか、生きたまま捕獲されて山に戻れたら良いなと思っています。

マックスの気持ち




僕はマックス!
お寺の広い敷地で産まれて、お父さんとお母さんと兄弟達と一緒に居たよ。
僕は臆病だから、兄弟達より行動が遅くてお母さんのオッパイに、なかなかありつけなくて体が一番小さかったよ。



ある日、突然知らない人が僕達を見に来たよ。
兄弟達は喜んで近寄って行ったけど、僕は怖くて犬小屋の奥に隠れていたんだ。
そしたらお寺の住職さんが、僕を抱いて連れて行った。
僕を見て女の人が言ったんだ、レオに良く似てるって誰の事か分からなかったけど、その人達が僕を車に乗せて連れて行ったよ。
初めて乗る車は怖くて、あくびばかり出てなんだか気持ち悪くなってしまった。



その日から連れて来られたおうちで過ごすようになったよ。
名前もマックスと付けてもらったけど、最初はマックスと呼ばれても僕の事だとはわからなかったよ
男の人と女の人が一緒に居たよ
それがお父さんとお母さんだった。
ご飯も兄弟達と奪い合わなくて良いから、いっぱい食べられるしい、いつもお父さんとお母さんが遊んでくれて楽しかったよ。




最初は怖かった散歩もお父さんとお母さんが、交代で連れて行ってくれたから毎日の楽しみになったよ。
いろんな事を教えてくれたり、スリッパを取って追いかけっこをしたり、だんだんお母さんが何を言ってるのか分かるようになってきたよ
だけどお母さんはたまにずっと寝てる日があって、そんな時は僕も横でおとなしく寝ていたよ。
時々、お母さんの娘と言うお姉さんとお兄さんと子供達がやって来た。
いっぱい遊んでくれるから、すごく嬉しくて僕は興奮してしまうんだ。





3回のお誕生日をお祝いしてもらったよ。
お父さんとお母さんがずっと笑っていたからね
なんだかわからないけど、ワクワクして嬉しかったよ。




暖かくなって散歩が気持ち良い日がやって来た。お母さんも随分元気になって毎日散歩に行ってくれた。
だけど僕は疲れるようになったよ。
散歩から帰るといつも外に出て吠えていたけど、それもしたくなくて寝ていたよ。
夜中に怖い夢を見たり、お母さんに起こされても起きれなくて心配させたね。
そしてあの日、お母さんと散歩に行ってからやはり寝ていたんだ。
でも3時になってお母さんたちがアイスを食べるのに気づいて起きて行った。
アイスを一口もらって美味しかったけど、頭に電流が走ったみたいで僕は意識を失って体が震え出した。
一回意識を取り戻して、とても怖くてお母さんに飛びかかってしまった。
そしたらまた意識がなくなった。
お父さんに連れられて車に乗って病院に行った事はなんとなく覚えているけど、お薬を飲んで眠くなってしまった。途中で気持ち悪くなって吐いたら急に苦しくなって、遠くでお父さんとお母さんがマックスと僕を呼んでいた。それでも僕はもう目を覚ませなかった。そしてあっという間に2人には会えなくなってしまった。



お空から見ていると、お父さんとお母さんが毎日泣いているんだ。
僕は悪い事をしたのかな?ゴメンなさい
僕はもっと2人と一緒に居たかったよ。でもそれは叶わないから、また会える日を楽しみに虹の橋のたもとで、レオ兄さんと待っているよ

マックスがこんな風に思っていてくれたら良いなと私の気持ちです。

自分との闘いです。

9月になり暑さも随分和らできましたね。

日の出時刻もだんだん遅くなって、朝の散歩もそんなに早く行かなくても良くなりました。

この頃、生まれるかどうかもわからないゴールデンにモチベーションが下がってきていて
「子犬が来るのか分からないのに散歩を続ける意味あるのかな」と主人に言ったら、
「歩くのは犬の為じゃなく、自分の為だろう」と言い返されました。

そうなんだけど、毎朝のように今日は散歩は休もうかなぁと思ってしまいます。
散歩に行ったとしても近道をしようと思ってみたりして、本当に自分との闘いです。

気持ちを奮い立たせるのは、マックスが生きていたら散歩には必ず行かないといけないし、近道は物足りないだろうと考えるからです。

最近はイノシシも見かけなくなりました。
犬の散歩に会いたいけど、時間帯が違うのか会えません。

マックスと散歩に行ってた時に、よく会ってたワンちゃん達は元気なのかなと心配になります。

秋になり日中の気温が下がって来たら、お昼からの散歩になります。
自分との闘いに勝つ為に、何か楽しみを見つけて散歩を続けていきたいです。


日の出を見るのが楽しみの一つです。

ありがとうマックス

明日は3回目の月命日です。
3ヶ月もマックスが居ない日々を過ごして来たのですね。

未だに買い物から帰って来たら、玄関の内側でマックスが待っているような気がします。

毎朝、主人がお風呂掃除の終わった後にマックスの歯磨きをしていました。
いつもそのタイミングでマックス歯磨きだよと思ってしまいます。

散歩の時間やご飯の時間などは、
生活リズムの中でだんだん薄れてきたのですが、この二つだけは脳が覚えていて思い出してしまうのです。
上書きされないと忘れないのでしょう。

マックスが生きていたらどんな毎日だったのでしょうか?
それは亡くなったからこそ思う事であって、変わらない毎日だったのでしょう。

ずっと生きていると思ってた人や動物が、ある日突然居なくなってしまう
そんな思いをした人はきっとたくさんいるんだろう。

出会えた事に感謝して、一緒に生きた時間を大切にして、これからを過ごすのがその子の供養になるのかな

マックスの吠える声、嬉しそうに尻尾を振って近づいてくる姿、何か欲しい物がある時に片手を私に何度ものせるしぐさ、マックスのすべてを忘れない

マックスが居たから、新型コロナの自粛生活や体調が悪い3年間も楽しく過ごせました。

ありがとうね
うちの子になってくれて、マックスと過ごした3年間は私の宝物だよ。

レオの思い出

17日はレオの月命日です。

3歳までのレオは、毎日長時間のお留守番だったので退屈だったのでしょう
それはそれは帰宅すると家の中は悲惨でした。

レオの届く範囲に物を置いておくと、全て壊されてしまってました。
ラブラドールは盲導犬のイメージがあり、そのつもりで飼い始めた私達はその悪さに驚きました。

クッションやぬいぐるみは中の綿が出されて、床は雪が降ったかのようでした。
娘達のお気に入りの靴を出しっぱなしにしようものなら、見る影もないほどバラバラにされて、娘は玄関先で泣いていました。

毎日がレオとの戦いでしたね。
帰宅するたびに今日は何の悪さをしているのだろうとハラハラでした。

そんなレオでも3歳を過ぎると、だんだんおとなしくなっていきました。
今思えば、楽しかった思い出です。

マックスは、私が毎日一緒だったからかそういった悪さはしなかったですね。
私が体調が悪かったのもあって割とおとなしかった感じです。
もっといっぱい遊んであげたら良かったです。
レオみたいに好きなように悪さもして欲しかった。

すべてがこれからだったのにと思ってしまいます。


スリッパを取る事が唯一の悪さでした。